若年性の老眼を予防するには

若年性の老眼で、至近距離のものが見えにくくなるケースが急増しているようです。予防するためには、一体どうしたら良いのでしょうか。以下で、3つご紹介していくことにしましょう。

 

1つ目は、ブルーライトと紫外線カットの眼鏡を活用することです。パソコンやスマホを長時間見る機会が多い人は、早めにブルーライトカットの眼鏡を使用しましょう。紫外線カットは必須ではありませんが、目を保護することができますので、可能であればブルーライトカットと併せて取り入れることをお勧めします。

 

2つ目は、目が疲れているときは、目の周りを温めることです。目を酷使してしまうと、血行を滞ったり活性酸素が溜まってしまいます。そのため、意図的に目の周りを温めつつ血行を促すのです。すると、毛様体筋などの筋肉が緩んで、疲労の回復が早くなります。

 

3つ目は、意識的に遠くを眺めるようにすることです。パソコンやスマホなど、至近距離で文字を見る機会が多い人は、意識をして遠くを眺めるようにしましょう。至近距離にあるものばかりを見ていると、目の周りが緊張して凝り固まってしまいます。老眼の悪化の原因にもなりますし、眼精疲労にも繋がってしまうでしょう。

 

たまには、自然に囲まれた場所へ出掛けて、木々や花を眺めるのも効果的だといえます。若年性の老眼は、早めに対処することである程度進行を遅らせることが可能です。目が疲れやすかったり、ピントが合わないなどの症状を感じたら、早めに医師に相談するようにしましょう。