プロペシアを飲むと子作りに影響が出る?

服用を躊躇う人もいるでしょうが、本当にプロペシアを飲むことにより子作りに影響が及ぶのでしょうか。ここでは、このあたりのことに焦点を当ててお話をしていきたいと思います。

 

プロペシアと女性

 

まず、子作りに影響があるとすると、女性にリスクがあるということが指摘されています。仮に女性がプロペシアを服用した場合には、ホルモンバランスに狂いが生じるといわれています。これだけでも体調への影響が考えられますが、女性が服用することによりプロペシアの副作用が強く発現するリスクがあるとされているのです。

 

また、これは服用するだけでなく、割れた状態のプロペシアに女性が触れただけでも起こるといわれていますので、くれぐれも気を付けなくてはいけません。

 

プロペシアと胎児

 

女性がプロペシアを飲んだり、割れた錠剤に触れたりした場合、お腹の中にいる赤ちゃんの状態に影響すると指摘されています。

 

具体的には、赤ちゃんの生殖器異常、また奇形児として誕生するリスクが増大するといわれているのです。生まれてくる子供が健康でいるためにも、女性が飲んだり触ったりすることは避けるに越したことはありません。

 

プロペシアと男性

 

男性型脱毛症(AGA)の治療目的でプロペシアを服用中、女性と性行為をすることにより子作りに何か影響するのでしょうか。

 

現状において、プロペシアを飲んでいる男性と女性が性行為をした結果、何かトラブルが起こったという事例はありません。また、性行為をした結果、誕生した赤ちゃんに何か異常があったという例も、今のところはありません。