精液を増やすサプリランキング@精力減退気味の人必見

人間は本能で快感を感じている

 

動物も人間も快感を感じる瞬間というのは嬉しいときだったり、有益なときだったりでしょう。もちろんそれは性行為も同じことで、快感を感じるのは愛情という嬉しさを感じたりするのはもちろんですが、子孫を残すという有益なことでもあり、本能的に行っています。この性行為が快感を感じなければ、その行為をしなくなって、最終的に人間という動物は絶滅してしまいます。

 

食事も同じで食べることで生きていく上で必要不可欠なことなので嬉しさを感じます。眠るというのも同じで生きていく上で必要不可欠ですので気持ちいいのです。全てにおいて生きていく上で必要もなく、嬉しさなどを感じないものでしたら、食べることも寝ることもしなくなるでしょう。

 

ですが、本能だけに従ってしまうと、異常にそれを求めてしまって、自制が出来ずに問題が出てきてしまいます。もちろんそれが犯罪に繋がるというケースも少なくありません。自慰行為もしないといけないものではありませんし、しなくても夢精などでしっかりと調整されます。しかし性機能維持をしようとして快感があることを理解しているので自慰行為をしてしまいます。

 

この自慰行為に関して賛否両論ありますが、個人差もありますので一概にどちらかということはいえませんが、何にしても頻度などを考えて行うようにするということは考えておくといいでしょう。とにかく自制をするということが大事なのでそこはしっかりと頭に入れておきましょう。

 

精子とテストステロンの関係性について

 

イメージですが、筋肉質の方は高い精力があると思われています。実際にはどうなのかというと、本当にそういう傾向があります。この理由として男性ホルモンのテストステロンが筋肉にも精力にも関係していることが挙げられます。

 

テストステロンというのは簡単に言うと男性らしさを作るホルモンであり、筋肉質や骨格、体毛などはこのテストステロンが作用していることによって引き起こされています。よって精子の生産力だったり闘争本能に関しても同じでこのテストステロンの分泌改善によって肉体改造や男性妊活などにも効果が期待されます

 

ではテストステロンを増加させたい場合、どうすればいいのかというと、まずアルギニンという栄養素を摂取するようにしましょう。精力剤などには必ずアルギニンは含まれていますので探してみてください。さらに運動も有効な方法であり、激しく運動したらテストステロンは下がりますが消費された分は体内で生成され、これを繰り返すと生産力が高まってきます。生産量をしっかりと増やすためには対戦型のスポーツが有効といわれています。

 

運動というのは健康や美容などに効果もありますし、もちろん体力を高める為にも有効ですが、さらにテストステロンも高めることが出来、精子の生産量を増加させるために有効になります。また、運動をすることで血流がよくなり栄養成分が効率よく下半身に届きますので質のいい精子が出来ます。もし、精子の状態がよくないといわれたりして悩んでいる方は是非、運動を積極的に行ってみてください。

 

精力アップにマカは効果があるのか

 

精力増強に効果があるものと言えば、まず出てくるのがマカだと思います。天然のバイアグラとも言われており、日本では非常に知名度もある強壮系植物とも言われています。ですので、マカの錠剤やマカのドリンク、それ以外にも多くの精力剤としての商品があり、定番成分となっています。このマカは滋養強壮や精力アップに効果があるというのは本当ですが、最近ではそれ以上に高い成分が含まれているものも多く発見されています。しかし知名度として非常にマカは高いので、精力剤と言えばマカが出てくる方がほとんどです。

 

では、このマカの効果に関してですが、その前に最近はマカよりも効果が高いとされているクラチャイダムという植物が出てきて精液の原材料であるアルギニンの量も、リジン、チロシン、フェニルアラニンといったアミノ酸の量もマカよりも多いということを前提に置いておいてください。

 

しかし、マカは亜鉛量が非常に高く、さらにアルギニンも含まれていますので両方十分に摂取するのであればマカは魅力的であるといえます。ただ、マカを摂取しただけで精力向上が期待できるというわけではなく、きちんとミネラルやビタミンB群などを摂取しないと意味がないということも理解しておきましょう。

 

もちろん継続的に摂取しないと効果を得ることは出来ませんので、マカを摂取するにしてもしっかりと摂取し続けるということが大事なことになります。もちろんクラチャイダムも試してどちらが合うのかも確認した方がいいでしょう。

 

晩婚化時代に男性も不妊対策が必要

 

最近では不妊に悩んでいるという方は男女問わず多くなっています。話題にもなっていますが、この原因としては食生活の変化であったり、女性の社会進出といったものが関係しており、さらにストレス化社会も影響があるのではないかとされています。また、婚期も全体的に遅くなっており、晩婚化によって生殖機能が低下していることも関わっています。

 

昔は20代で結婚をする方も多かったのですが、今では30代で結婚をするということも珍しくありません。ですが、30代というのは男女共に生殖機能が低下し始める時期であり、それによってなかなか妊娠が出来ないということが多いです。妊活という言葉が流行しだしたのもこういうものが背景にあります。また、妊活も女性が中心でしたが、今では男性の妊活というのも増えています。男性不妊の原因というのは主に精子の数や量の問題であり、さらに運動率も低いということが考えられています。

 

ではどうやって精子の質や量を改善すればいいのかというと、まずは栄養をしっかりと摂取するというのが重要です。男性は栄養が偏る傾向があり、若い頃から加工品などを食べているといざ年齢が上がったときになかなかバランスの取れた食事に出来ないことが多いです。ですので、まずは少しずつ栄養バランスを考えた食事に変えていくということが大切です。

 

また運動をすることで男性ホルモンの分泌量を高め、男性機能を改善することが必要になります。運動不足になると男性ホルモンの分泌も低下してしまい、それによって精子も作られなくなっていきます。ですので、運動をしてその流れで精子を作るようにしましょう。

 

睾丸は出来る限り温めないようにする

 

健康の定番として身体は温めるのがいいとされており、運動したりサウナなどに行っている方も多いと思います。もちろん健康効果として身体を温めることはいいのですが、一つだけ問題があります。それは睾丸だけは温めない方がいいということです。かなり無理があると思うかもしれませんが、どうして温めてはいけないのかについて説明します。

 

そもそも睾丸がどうして露出しているのか考えたことはありますでしょうか。人間の体温というのは36度くらいが平均だとは思いますが、睾丸は31度〜34度くらいじゃないと正常に活動できません。大人になって高熱などが出ると男性機能に影響が出るといわれているのはこれが理由です。

 

睾丸は気温によって皮の伸縮があり、それは男性ならわかっているとは思いますが、これは温度が高いと熱を放出するために伸び、温度が低いと熱を高める為に縮みます。もちろん自ら睾丸を温めるという方はいないとは思いますが無意識に温める行為をしていることがあります。例えば、長時間の入浴やサウナ、密着度の高い下着の着用などがあります。

 

もちろん温めたからといって瞬間的に影響があるというわけではありませんが、習慣的にそういったことをしている場合、つまり継続的に睾丸を温めているのでしたら精子量や精子の運動率にも悪影響を及ぼしてしまう可能性がありますので、そこは注意して意識しておくことが重要になります。ちなみに下着などもトランクスをはくなどに変えたほうがいいかもしれません。

 

こちらもどうぞ 精液を増やすサプリはこれ!男性不妊に悩む人必見

 

現代人の生活は精子にとってよくない

 

最近は男性の精子量や質が落ちていっています。少子化と併せて社会問題化していますが、これは現代人の生活習慣と深い関係があるとされています。私たちの生活の中には精子の運動率を下げたり、さらに精子の生産やホルモン分泌を妨げる多くの習慣があるからです。

 

例を挙げるとサウナ、長風呂など女性を中心に人気があり、もちろん男性でも好きな人はいます。ですが、実は男性にとってはよくなく、これをする事で睾丸の温度が上がってしまいます。睾丸というのは体温より低い31度〜34℃くらいで活動するようになっていますが、睾丸を温めてしまうと精子にとってはよくありません

 

そもそも睾丸は熱に弱いので身体の中心から離れようとします。ですが、最近の男性下着の主流というのはボクサーパンツで密着度が高く、それによって温度が高くなりやすいです。通気性もよくないことで湿度も高まってしまい睾丸にとってよくない環境になっています。

 

食事に関しても糖質や脂質が多い食事はよくないのですが、そういう食事が多くなってきており。また肥満男性の精子というのは運動率が低く肥満がEDの原因になるということも考えられてきています。食事は基本的に高カロリーであるという方は食生活を改善することをオススメします。

 

もちろんこれは理解していると思いますが飲酒喫煙に関しても運動率の低下や奇形率を高める原因になりますので、出来るのでしたら禁酒禁煙をするといいのではないでしょうか。

 

こちらもどうぞ 【男の妊活】精子の運動率を高め、男性不妊を解消!

 

環境ホルモンで男性がメス化する?

 

一時期、ダイオキシン問題などで環境問題が騒がれましたが、当時よく言われていたのが生殖能力への影響です。不妊症と環境ホルモンには、深いかかわりがあると昔から言われていました。環境ホルモンは、生物の内分泌機能に何らかの影響を与える化学物質という意味合いで使われているもので、体の中で分泌されているホルモンとは基本的に別物です。しかしながら、ホルモンと似たような作用をすることからそのような名称がつけられています。

 

ただ、基本的に環境ホルモンはプラスの効果になることはないと想定されているため、内分泌撹乱物質と呼ばれたりします。環境ホルモンの働きによって、「オスのメス化」が生物界という単位で進んでいると言われ、種の保存などにも悪影響があると考えられているのです。そして、男性の精子数が減っているのもこの環境ホルモンが原因のひとつという説もあるのです。

 

環境ホルモンは、殺虫剤や農薬、またゴミの焼却や産業廃棄物の処理など、いろんな場面で出てくると言われています。こういったものは、空気を通して予想外のところにまで拡散されることがありますから、なかなか対処が難しい面があります。できるだけ危険を避けるためにも、口にする食事や住む環境などには注意を払っておいた方が良いでしょう。

 

ただ、環境ホルモンに関する事項についてはまだまだエビデンスが不足していることもあり、事実として確定されているものは多くありません。ですから、過度に危険視するのも生活を不自由にしてしまうので良くありません。

更新履歴